デザインの行方 イタリア編 ディアグラフ

イタリアの建築デザインが、一昔前映画で観たような近未来風になってきている。
ある種のキッチュにも思えるくらい近未来・・。
それはローマ(歴史的中心地ではない)もしかりも(101/102)、ミラノ(104/106/107)もしかり。
ミラノはEXPOを機に大分様変わりしています。
以前はマリア様より高いものは作ってはいけなかったから(121)、苦しい言い訳をしていたくらいなのに。

ディアグラフ ローマTiburtina駅ディアグラフ ローマTiburtina駅101 ローマTiburtina駅_1ディアグラフ ローマTiburtina駅ディアグラフ ローマTiburtina駅102 ローマTiburtina駅_2

ディアグラフ ミラノGaribaldi駅前ディアグラフ ミラノGaribaldi駅前104 ミラノGaribaldi駅前_1ディアグラフ ミラノGaribaldi駅前ディアグラフ ミラノGaribaldi駅前106 ミラノGaribaldi駅前_2ディアグラフ ミラノGaribaldi駅前ディアグラフ ミラノGaribaldi駅前107 ミラノGaribaldi駅前


ディアグラフ ミラノDUOMOディアグラフ ミラノDUOMO121 ミラノDUOMO

イタリア編 其の壱

イタリアの建築デザインが、一昔前に映画で観たような近未来風になってきている。

イタリア編 其の弐

準備中

イタリア編 其の参

準備中

イタリア編 其の四

準備中

 ディアグラフはヨーロッパのデザイン動向に深く関心を持っています。ヨーロッパではユーロ貨幣の不安定さが若いアーティストたちのクリエイティブにも影響を及ぼしています。「今!実際にイタリアはどうなっているのかを、ディアグラフのブレーンでもあるイタリア在住15年 デザイナーtacaminaからの現地レポートでお伝えします。(2016年5月記事)

Takami Watanabe Shimomura
tacamina

ごあんない

イタリアデザインとの交流をディアグラフは行なっています。イタリアの| アーティスト | 工房 | 企業 |とのコンタクトをご希望される方はこちらまでご連絡ください。また、現地の情報を直接お聞きになりたい(企業/団体/サークル)の方々にセミナーも開催いたします。